<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月の教室 入り乱れて

先週に続いて、今週は月例の教室週末となりました。
週日に参加のほうが都合よいという声をちらほら聞くようになり、9月から金曜日も加えて、金・土・日の三日連続です。


金曜日は

この日に参加のPrさん前回の作品、葉っぱの組皿が出来上がっています。
b0155224_6391183.jpg




b0155224_639513.jpg





b0155224_6415359.jpg

このミルクの文字と卵立てがついた楕円のお皿は、親子教室に参加した、ご近所のお母さん。
ミルクはあのパンクとロックのママ猫、ミルクちゃんのことでしょう。8歳の息子は近所に現れたミルクちゃんが大好きになり、夏休みの一晩、庭のテントでミルクちゃんと寝る計画がありました。ところがその晩、ミルクちゃんは交通事故で大怪我。その子にはショックの夏休みの終わり。今はドイツでは珍しい寄宿舎学校に戻っています。

お母さんは、その子が今度の休みで帰ってきたとき、このお皿で朝食を用意するのでしょう。





前回はペリカン急須のMさん。今回はピーマンです。
b0155224_6423999.jpg




b0155224_6433011.jpg

どんどんできてきました。



b0155224_6441195.jpg

形ができたら、ワイヤーで上下きり外し、中を掘り出して蓋のある器になります。
形を歪めたりしないよう、つい講師陣がそのワイヤー切り作業を横取りします。作者がカメラマンに変身して夢中になる講師は撮影されてしまいました。

b0155224_6444592.jpg

講師その1はピーマンが乗り移っています。


b0155224_6451719.jpg

ピーマン蓋物出来上がり・・・ピーマン男も満足・・・



土曜日は


お父さんが夢中になりました。8月に三週間の日本語集中講座(ドイツで最もハードなボッフム講座)に参加した、このお父さん!もう日本語なんか見たくない!と帰ってきたはずなのに・・・
b0155224_647039.jpg




こちらはその奥さんと娘の平和な、上にのせられる料理と調和しそうなお皿です。
b0155224_6472739.jpg




b0155224_648424.jpg

「今日はだんな様が子供たちの面倒を見てくれるはずだったのに」いまや子供も妻も、夫の夢中に忍耐の時間となってしまいました!





日曜日は


僕達です。

b0155224_648489.jpg




b0155224_6492756.jpg

陶芸とは・・・なにか渋いものですね~~。



b0155224_650575.jpg

陶芸とは・・・子供の存在を忘れて、心の洗濯ですね~~。



b0155224_6503637.jpg

陶芸とは・・・背筋が伸びるものですねえ~~。



b0155224_6512186.jpg

でもやっぱり、これですよ!

b0155224_6515232.jpg

でもやっぱりお茶が美味しい、ビールをぐびっと、
「そうですか」「なるほどねえ」「・・・なんですよ」



b0155224_6543223.jpg

蓋物が先週からいろいろできましたが、この球体はいさぎよい!
同じ厚味を保って、球形の内側を掘り出すのは、なかなか難しい作業ですが、作者の根気強さや、慎重さが生かされました。





b0155224_6551194.jpg

この重箱も一歩づつ、完成に向けて、辛抱強い作業が進められています。



陶芸の仕事は、成形、素焼き後の絵付けや釉がけ、本焼きと工程が幾つもあり、その工程ごとに又多様なテクニックというか作業方法が有ります。このブログで紹介してきた作品、またこれから紹介する作品が、各工程ごとに選択された方法が良くマッチした例として、参考になるかと思います。
[PR]
by atelierKANTA | 2009-09-07 07:17 | 教室風景

親子教室の後に




さてさて元気な子供たちと、負けずに元気な父・母がお腹をすかして変える頃

ひっそり登場して
なにやら、取り出りだしたのは、大人組み!
元気な子供達にであって、若返ってしまった、講師はいまや、われに返り疲れを感じた頃


b0155224_542558.jpg


さっと、出てくるこの羊羹
さすが大人組み


b0155224_544778.jpg


お皿は6月の制作、組皿。織部をスピードで流しがけした、文字通り緑が流れる葉っぱ組皿






b0155224_552833.jpg

一休みしたらさっさと仕事する。
風水によると、裏庭にカメが必要・・・なのだそうで・・・
カメを作り始めました。



b0155224_554272.jpg

今は風水を口走るこの方、昔は考古学を学んだということで
写真の片隅にスケッチした作りかた手順図・・・むむなんだか手馴れている。




で、カメです。
b0155224_56096.jpg





大人組みのもう一人
緑の葉っぱ制作者は今回かぼちゃ・・・・
この方はデッサンも作り方手順も必要なく
えいやあと・・・

できてしまいました・・・・・

b0155224_56168.jpg







b0155224_563245.jpg



どうだ!子供たちに負けないぞ!
[PR]
by atelierKANTA | 2009-09-05 05:24 | 教室風景

夏休みの最後に、親子陶芸教室

食いしん坊の陶芸教室、昨年に続いて夏休みの親子教室を開催しました。


今年のテーマは『朝ごはんの器を作ろう』でした。
自分の創った器で、ミューズリー、ミルク、スープ、納豆ご飯、味噌汁・・・
なんでも美味しく食べて、元気にスタート!




3日間に参加した子供たちはみんな・・・
朝ご飯を食べない!なんて心配が全く無い
元気いっぱいに登場しました。





金曜日8月28日

b0155224_18425189.jpg



b0155224_18431184.jpg



b0155224_18432860.jpg





そして8月29日


b0155224_18435133.jpg



b0155224_18441072.jpg



b0155224_18443317.jpg



b0155224_18445140.jpg



さらに8月30日


b0155224_18451526.jpg




b0155224_18453139.jpg




b0155224_18455653.jpg




b0155224_18461793.jpg




b0155224_18464074.jpg



参加された、お母さん、お父さんも作るのが大好き
お子さんと共同作業ではなく
席を別にしての単独作業の中で
「子供たちはもう三段目の紐にいきま~す」と聞こえてくれば
思わず負けまいと、親子関係を忘れて熱が入りました。

いつも、お子様達が楽しく過ごすことを願い、見守っている役目から
一瞬開放されて、自分の仕事に夢中になれる・・・
そんな時間を親子で共有していただけたら、幸いです。

30日、日曜日はこの後
一般参加の二組による熱演が繰り広げられましたが
その様子も追って、お伝えいたしましょう。
[PR]
by atelierKANTA | 2009-09-02 19:09 | 教室風景


南ドイツシュトゥットガルトに集まる食いしん坊たちの陶芸教室です


by atelierKANTA

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
この教室のこと
教室風景
作品集
寺子屋
寛太の四方山話
次回予告
KOKOの独り言
もちろんパンク
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
more...

フォロー中のブログ

オイラーが ・・

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧